<< バクダッド・カフェ ヤマメちゃん >>

山本美香という生き方

「山本美香という生き方」(山本美香 日本テレビ編)を読む

2012年にシリア内戦で、取材中に銃撃を受け殉職してしまいました。
上司でありパートナーでもある佐藤さんの目を通して山本美香というジャーナリストを見つめます。

講演の際の注意事項が書かれているノートには、「前を向いて歩きながら考える」と記されてあります。
佐藤さんとも、いつもこのようなスタイルで取材していたそうです。

時間があると、いつも寝ていたそうです。
真剣に生きていたからこそ、寝ることも大事にしていたのだろう。

『報道することで戦争は止められる』と彼女は思っていて、戦争ジャーナリストとして危険な場所に赴くことをいとわなかったのは、そうした思いがあったからだろう。
[PR]
by masagorotabi | 2017-05-27 19:35 | 読書日記 | Comments(0)
<< バクダッド・カフェ ヤマメちゃん >>