カテゴリ:日記( 182 )

狭山事件

「思想の落とし穴」(鶴見俊輔著)を読んでいたら、狭山事件のことが書かれてあったのでネットで調べて見ました。

50年以上前の出来事で、えん罪といわれる事件です。
警察は犯人と思われる人物を捕まえましたが、それによって近しい人物が4人以上も自殺、変死を遂げています。
横溝正史原作の映画でも見ているようにおどろおどろしいことが起きてしまいます。

陰鬱とした時代背景、村という閉鎖された空間、そんなことを感じてしまいますが、現代もまた違った意味でのそういう背景もあるので、どちらがよいのかという判断はつきかねる。
人間の本質はそう簡単には変わらないと思うから・・

話は変わって、この本は1980年代に書かれたエッセイですが、その中に赤川次郎の本のことについて書かれてあります。
ふとしたきっかけで読み始めたら、30冊以上も読んでしまい、登場人物の快活さ、どの小説にも背中をポンと送り出すかたちで終わる。
こうした小説は、現代をみるメガネと表現されています。
(今まで読んだ中では「夜」という小説が面白かったとあります。)
[PR]
by masagorotabi | 2016-12-13 20:23 | 日記 | Comments(0)

kobo壊れる

d0163154_19574183.jpg


中古のkoboだったのですが、あまり使うことなく壊れてしまいました。
充電もできなければ、フリーズ状態で固まってしまいました。

私の読みたい本は、電子書籍化されていないのが殆どなので、これからも持つ機会はないかな?
[PR]
by masagorotabi | 2016-05-08 20:05 | 日記 | Comments(0)

宅急便の事業所受け取り

d0163154_2033059.jpg


アマゾンでネットで買い物する時には、事業所受け取りにできるのですが、他での買い物はできないので、無料のクロネコ会員になりました。

写真の手紙が送られてくると本人確認が完了して、翌日にはサービスが実行できるようになります。
[PR]
by masagorotabi | 2016-04-26 20:06 | 日記 | Comments(0)

皇后様の読書

以前読んだ本の中に、皇后様の講演の内容が載っていました。

本の中には、さまざまな悲しみが描かれており、私が、自分以外の人がどれほどに深くものを感じ、どれだけ多く傷ついているかを気づかされたのは、本を読むことによってでした

本の中で人生の悲しみを知ることは、自分の人生に幾ばくかの厚みを加え、他者への思いを深めますが、本の中で、過去現在の作家の創作の源となった喜びに触れることは、読むものに生きる喜びを与え、失意の時に生きようとする希望を取り戻させ、再び飛翔する翼をととのえさせます

悲しみの多いこの世を子供が生き続けるためには、悲しみに耐える心が養われると共に、喜びを敏感に感じ取る心、又、喜びに向かって伸びようとする心が養われることが大切だと思います
[PR]
by masagorotabi | 2016-04-15 19:58 | 日記 | Comments(0)

原発作業員

福島第一の現状を知る機会というのは、なかなか耳にすることはないのですが、ユーチューブにそのことに関する動画がありました。

終わりが見えない原発事故ですが、いつも思うのはどうして電源喪失してしまったのかです。
自然災害で片付けようとしているけど、地震は予測されていましたし、人為的な部分がかなり多いのに誰も責任をとらないというのが不思議です。
危機を察した人もいたでしょうし、そういったことが潰されていったということが大きな責任だと思います。

それにしても原発作業員の方々の給料が安いのには驚きです。
[PR]
by masagorotabi | 2016-03-20 19:16 | 日記 | Comments(0)

JAYWALK

d0163154_19203487.jpg


ドラマ「さすらい刑事旅情編」のエンディングに使われた曲が聴きたくて買い求めました。
歌は世相を反映するんだなあと思える、そんな気がします。

ユーチューブに動画がありましたので貼っておきます。
武道館の時の映像かな、魂を揺さぶられます。

[PR]
by masagorotabi | 2016-02-01 19:24 | 日記 | Comments(0)

大雪の影響

宅配便の品物が2、3日遅れました。
最初の予報では、みぞれから雨のだったので注文してしまいましたが、急ぐものではなかったので後でもよかったかな。

高校時代に新聞配達をしていたことがありましたが、大雪の時は学校を終えてから配らないといけなくなりましたが、遅いといったクレームはありませんでした。

便利になればなるほど遅いということに敏感になり、人を苛立たせることになるのであろう。
人が幼児化しているとも思えますが、そんな人には一所懸命さや情熱を持ち合わせることはできないと思う。

便利とは、実は厄介なものだと思う昨今なのでありました。
[PR]
by masagorotabi | 2016-01-23 16:55 | 日記 | Comments(0)

キッチンバサミの手入れ

d0163154_19324250.jpg


キッチンバサミが入れなくなったので、布ヤスリで磨いてみたものの、それほど良くはならず、プラスチックハンマーで叩いて調整したらまずまずの切れ味に蘇りました。

切れなくなっても、なんとかなるものだなあと感心したりしましたが、だったらもっといいものを欲しくなってきます。

今は使い捨ての時代ですが、いいものを長く使うというのは、気分的に良好なような気がします。
[PR]
by masagorotabi | 2015-12-09 19:37 | 日記 | Comments(0)

秩父夜祭り

d0163154_20552181.jpg


少しだけ歩いてきました。
[PR]
by masagorotabi | 2015-12-03 20:57 | 日記 | Comments(0)

自転車のリムで物干しハンガーを作る

d0163154_19384024.jpg


マウンテンバイクの使い古しのリムですが、これに結束バンド、ピンチ(洗濯バサミ)、針金を付けて物干しハンガーを作ってみました。
フックはオートバイで使うゴムネットのものを転用しました。

これでも充分使えるのですが、本気で作ると針金は0.9mmでは細いので太いものを、ピンチは大木製作所のステンレスでできているものを、リムはペイントをし、紐は鎖を使う、となります。

となると買った方がいいという感じになりますが、自分で考え、あるもので工夫をして作るというのに意義があると思うのでこれでいいのだ。(バコボンのパパ風)
[PR]
by masagorotabi | 2015-11-27 19:47 | 日記 | Comments(0)