カテゴリ:日記( 169 )

地震災害

ナショジオ誌を読み返しています。
2004年5月号には、少しだけ明治三陸津波のことが載っていました。

1896年に起きた津波ですが、死者数は2万人以上、津波の大きさは3.11とほぼ同じくらいです。
リアス式海岸で入り組んでいるため、波が高くなるといわれます。

この記事によると、政府の地震調査委員会は2020年までに80%の確率で宮城県沖地震が起きると予測しています。
96年以降、津波が減って警報が出されることが少なくなり、住民の防災意識の低下が懸念されているとありますが、釜石の奇跡と呼ばれているように、防災意識のしっかりとした学校もありました。
そういうことは、日本で暮しているかぎり必要かなとも思います。

釜石といえば、自転車で行ったことがあり、海岸のキャンプ場で一泊して遠野へと向かったことを思い出します。
[PR]
by masagorotabi | 2015-06-23 19:42 | 日記 | Comments(0)

風の盆恋歌

d0163154_20431373.jpg


高橋治氏が亡くなわれたと記事を読みました。

写真の中の本は、本棚から出してみました。
著者の恋愛ものは、何冊か読んでいますが、男女の機微が美しく描かれていたなあという印象が強く残っています。

少しずつ読んでいこうと思います。
[PR]
by masagorotabi | 2015-06-17 20:45 | 日記 | Comments(0)

日記

河合隼雄氏の本の中に、受験地獄をたとえて、地獄を味わったものでしか大きな成果を上げられないといった内容のことが書かれてありました。
受験に限らずという部分もあるのだろうと思うけども・・

体操の内村抗平選手は、練習が楽しくてしょうがなく、それを発表する試合はワクワクするそうです。
内村選手にとっては、練習は地獄ではなくて天国なのかもしれませんが・・
[PR]
by masagorotabi | 2015-06-05 20:47 | 日記 | Comments(0)

夕暮れ時

d0163154_20211532.jpg


ジョギングに行こうとした時に、見上げた雲が鮮やかだったので撮影してみました。
[PR]
by masagorotabi | 2015-06-03 20:23 | 日記 | Comments(0)

ペヤング

「ペヤングソース焼きそば」の発売が再会されるそうです。

自転車で旅行していた時は、よくお世話になりました。
安くて、腹持ちがよく、簡単で3拍子揃っています。
[PR]
by masagorotabi | 2015-06-01 20:58 | 日記 | Comments(0)

早朝のヤギ

早朝、ジョギング最中にヤギを散歩している方に出くわし、3〜4頭に小さな空き地で草を食べさせていました。(2度目)

日本に昔からいるヤギという感じはしませんでしたが、草を食べているシーンは、見ている方も心和む心象風景として残ります。

檜、杉の植林時に下草を牛に食べさせている風景を昔、テレビで見た記憶があります。
人間の手を借りずに、牛が勝手に下草を食べてくれるのですから、それにこしたことはありません。

空き地など、草ぼうぼうに生えている場所をよく見かけます。
草を食べる動物を放してあげるというのも、一考の価値があると思ったりします。

それにしても、ヤギという生き物は平和的かつ友好的な動物だなあと思いました。
[PR]
by masagorotabi | 2015-05-25 21:59 | 日記 | Comments(0)

日記

昨日、道を聞かれ教えてあげましたが、もっと的確に教示できたればよかったかなあと思いました。

世界には、道を聞かれてもウソを教えるという国もあるそうです。
「何でも見てやろう」(小田実著)の中にも記述があり、中東での出来事が記されてありました。

著者の知人のアメリカ人にどうしてかと訊ねると、宗教が違えばウソを教えてもよいと答えたそうです。
日本では無宗教の人が多く、そのことを揶揄されることもありますが、ウソを平気で教えるよりも無宗教の方が、ナンボいいかと思うのである。
[PR]
by masagorotabi | 2015-05-24 20:22 | 日記 | Comments(0)

日記

小説家の車谷長吉さんが先日亡くなられたという記事を読みました。

自尊心、虚栄心、劣等感を人間精神の三悪と位置づけ、これが社会の原動力にもなり、小説を描く以上、徹底的に掘り下げるしかないという考えだったそうです。

以前にエッセイを読んだことがありますが、その中で人間は愚かだから日本には天皇制は必要、という話が印象に残っています。
[PR]
by masagorotabi | 2015-05-22 20:16 | 日記 | Comments(0)

日記

先日、「本当はひどかった昔の日本」を読んだあと、「津山三十人殺し」を思い出した。
昭和13年に起きた殺人事件である。

夜ばいという風習、村八分、悪口、こういったものが重なり怨恨が生まれる。
おぞましい事件であるが、現代にも通じるものも感じる。

人間というのは、どこか毒々しいものを秘めているということなのかもしれない。
[PR]
by masagorotabi | 2015-04-25 22:22 | 日記 | Comments(0)

d0163154_19405890.jpg


桜の季節は、あっという間に過ぎていきます。

桜の散っている中を歩くと、なぜか自分は歓迎されている気分になります。
[PR]
by masagorotabi | 2015-04-10 19:46 | 日記 | Comments(0)