<   2012年 05月 ( 15 )   > この月の画像一覧

センス

『死ぬの大好き』(山本夏彦著)を読み始めてみました。

数多くのコラムの中に、社会的なもの、戦前のことなどが載っていて、ネット社会とは異質な感じがして、新鮮に読むことができます。

戦前は貧乏で、お金があればどれだけオシャレに出来ると思ったが、一億中流社会になってそれがとんだ間違いだと記されてあります。
オシャレには、センスが大事であるとありますが、オシャレを幸福に置き換えても、そのまま意味は通じると思います。

モノや金では、幸福にはなれないんだと痛感しますが、幸福になる鍵は何かと問われたなら、「幸福だ!」と自己申告できるハッタリだと僕は思っています。
[PR]
by masagorotabi | 2012-05-31 20:12 | 読書日記 | Comments(0)

ウオルター・ウエストン

d0163154_22525313.jpg


「日本アルプス再訪」(ウオルター・ウエストン著)をパラパラと再読してみました。
日本人論に通じる文章が多々あり、明治以前の日本人の在り方を知る手がかりになります。

明治になり、警察という組織ができ、警官は武士からの転移であると記されてあります。
薄給でありながら、高潔で親切である警官に、著者は敬意を込めてこう結んでいます。

「・・しかし、ここに、今、貴兄に恩義を感じている者が、少なくとも一人いるのである。私は心から感謝の気持ちの込めて挨拶を送るー「さようなら」」(本文より)

もうひとつ、心に残る文章がありました。
『ありふれたものが、どれでも美しい』

日本人というのは、日常生活にも美を求めてきたのですね。
美しい生活を心がけたいものである。
[PR]
by masagorotabi | 2012-05-29 23:04 | 落描き | Comments(0)

巌流島の決闘

d0163154_18532860.jpg


ユーチューブで「巌流島の決闘」のシーンを見てみました。

あのシーンを見ていて、宮本武蔵は来たるべき時まで待っていて、佐々木小次郎は待てなかった、そうに感じました。

「待つ」ということを、考えさせてくれる場面ですね。
[PR]
by masagorotabi | 2012-05-27 19:32 | 落描き | Comments(0)

ゆずの種

d0163154_19434380.jpg


ゆずの種を水か焼酎に漬けて、それを顔や頭皮に塗っていたのですが、肌はつるつるになるし、髪はボリュームがでてきて抜け毛が減りました。

なかなかよろしいです。(笑)
[PR]
by masagorotabi | 2012-05-25 19:47 | 日記 | Comments(0)

ノーヘル

d0163154_19563774.jpg


昔のテレビドラマで、長渕剛主演の「親子ゲーム」というのがあったのですが、オートバイがよく登場していました。

今みると車種はヤマハXTで、セローの前身のバイクですね。

ドラマ中では、ノーヘルで走っているシーンがよくあり、現在では考えられません。
おおらかな時代だったのか、バブル真っ最中、あるいはバブルへ向かう浮かれ気分が許せたのか、面白いです。

どんな時代でも、良いもの悪いものというものがあり、僕らは気分で選んでしまっていることがあります。
気分というのは流れやすいですから、良い悪いを認識して、選択しながら生活をしていきたいと思っています。
[PR]
by masagorotabi | 2012-05-20 20:07 | 落描き | Comments(0)

d0163154_19492462.jpg


「うらおもて人生録」(色川武大著)をめくっていたら、運について語られていた文章がありました。

「攻撃とは、準備段階で貯めた実力を土台にして、運を使うことだよ。つまり、運に賭けることだ」(本文より)

運とは使うことなんだなあ。

著者の名言の中に、嫌な仕事でもコツをつかんだらゲームになる、といった内容の文章があったとおもうのですが、これも好きな名言です。
人生もゲームにしないと。
[PR]
by masagorotabi | 2012-05-19 20:06 | 落描き | Comments(0)

「麻雀放浪記」を見る

d0163154_20593391.jpg


映画「麻雀放浪記」を見ました。
戦後、賭博に明け暮れる人々を描いていますが、現代からみれば、どうしようもない人々なのですが、生きることに関しては、正直であったと思います。

この映画を見てから、原作者 阿佐田哲也(色川武大)の本が読みたくなり、「うらおもて人生録」をぱらぱらとめくってみました。
若くて生きることに閉塞感を感じている人にはおすすめの本かな、随所に心に響いてくる文章があります。
奇麗ごとの名言よりも、真に迫ってくる、そんなイメージです。
[PR]
by masagorotabi | 2012-05-18 21:08 | 落描き | Comments(0)

落書き(想像力とは)

d0163154_19542030.jpg


先日、小説家の池井戸潤氏がラジオに出演されて少しだけ聞くことができました。
想像力を養う、というのがテーマだったのですが、それには暇であることと話されていて、MCにお忙しいのにと尋ねられると、暇も忙しいに入りますから、と返されていました。

そうだそうだ、と大いに共感したのですけど、暇な過ごし方というのも、人生にとっては大切なことなのだなあと思ったのでした。

前に僕は、「想像力は天使を育み、妄想はモンスターを育む」と書いたことがあるのですけど、想像力は他人をも幸せにしてくれる力があると思っています。
大いに暇になって、多くの想像力を身につけ、たくさん天使を創ろうではないかと、あらためて決意したのでした。
[PR]
by masagorotabi | 2012-05-15 20:04 | 落描き | Comments(0)

ボクシングで決めたい

d0163154_19384888.jpg


昔、「殴る女」というテレビドラマがありました。
主演は和久井映見さんで、脱サラボクサー役が吹越満さんでした。

僕は、ボクシングを見るのが好きなのですが、それは観客の勝手な理屈で、一発殴られたら記憶が吹っ飛んでしまう危険が、ボクシングというスポーツにはつきまといます。

それでも、ボクシングに人生の全てを賭けてまで闘うのは、シンプルなスポーツであること、貧乏でも打ち勝てばそこから這い上がれるのではと思えること、勝利といういたって簡潔にその美酒を味わえることなどなど、こういったことがあげられるのではないだろうか。

世の中には、嫌なことが多くありますが、そんな時はボクシングで決着をつけようではないかと思うことがしばしばあります。
現実には、そんなことはできないのですが、妄想はつきません。(笑)

ああーボクシングで決着をつけたい!
[PR]
by masagorotabi | 2012-05-13 19:53 | 落描き | Comments(0)

豚の味噌漬け

d0163154_1846651.jpg


秩父名物の貰い物です。

肉というのは、あまり食べることはないのですが、牛肉よりも豚の方が好きです。
食べてみると、美味。

美味しいものというのは、食が進むので気をつけないと。
美味しいものは、身体に悪い、これが僕の持論です。
[PR]
by masagorotabi | 2012-05-10 18:51 | 日記 | Comments(0)