<   2012年 06月 ( 17 )   > この月の画像一覧

協調と幸福

「賭博と国家と男と女」(竹内久美子著)を読み返していると前にも書きましたが、その中にアダム・スイスのことが記されています。

協調には利己心こそが重要であるとあり、このことが人間と社会とを幸福に導く唯一の道、とあります。

「え?」と思ってしまったのですが、自分の犠牲の上だけでは、社会も自らも幸せにはなれないということです。

(郡淘汰(郡選択)という言葉があるのですが、おおまかにいうと現在の社会のようなものだろうか。
あまり善い言葉として受けたられていません。
この中で、幸福を見いだすことは不可能なのかもしれない。)

「情けは人のためならず」という諺がありますが、偽善者的な言葉だなあと思っていたのですが、人に親切にすることは巡り巡って自分に返ってくる、という考え方の方が、周りも幸福になれるのかもしれません。
[PR]
by masagorotabi | 2012-06-30 21:45 | 雑想 | Comments(0)

さて寝る準備でも

寝る前に、本を読みます。
僕とっては、睡眠薬のようなもので、睡魔が襲ってきます。

今夜、準備したのは、向田邦子と村上春樹著『村上ラヂオ』のエッセイです。

最近読んだ小説で面白かったのは、「新潮」に載っていた『ひらいて』(綿矢りさ著)でした。
なかなか高校生が主人公のものは読む機会はないのですが、新鮮でよかったです。
[PR]
by masagorotabi | 2012-06-29 22:53 | 日記 | Comments(0)

トンボ その後

d0163154_2113949.jpg


先日、道路で拾ったトンボですが、ミニトマトの苗の下に落ちていたのを拾い上げ、指に移しました。
昨日のことでしたが、その後、苗に移したのですが、未だに同じ格好で掴まっています。

もう息をしているのか分かりませんが、生物というのはこのように死ぬのでしょう。
人間以外の生き物には、死という概念はありませんから、死期を待つということもないですから、弱った身体に準じるまでに、息絶えていくのであろう。

追記
これより2日後の朝、死んでいました。
[PR]
by masagorotabi | 2012-06-27 21:09 | 日記 | Comments(0)

頑張らない男 寺川修司氏

d0163154_8572816.jpg


「僕は頑張らない。
 なぜなら、習慣以上のことはしないからだ。

 他人から見て、頑張っているように見えても、僕個人は頑張っているわけではない。
 あくまでも、僕にとっては習慣にすぎないからだ。

 唯一、僕が頑張っているとすれば、僕の習慣が正常に機能しているか、監視をしている時だね。」
[PR]
by masagorotabi | 2012-06-25 20:56 | 落描き | Comments(0)

トンボ

d0163154_21415627.jpg


トンボが道ばたに落ちていたので、拾ってミニトマトの葉に移しました。
拾い上げる時に、思いっきり噛まれましたが、トンボに噛まれたのは初めてだと思います。

気温か日没かの関係で、トンボは仮死状態になると思うのですが、明日の朝には元気に旅立つことでしょう。
[PR]
by masagorotabi | 2012-06-24 21:44 | 日記 | Comments(0)

何の芽

d0163154_2042176.jpg


堆肥箱には、種も放り込んでしまいますので、ニョキニョキと何の芽だかわからなのですが出てきます。
柑橘類の芽かもしれないので、育ててみようと思います。

d0163154_20445662.jpg


こちらは、カエデも葉の裏に付いていたさなぎです。
どんな姿で現れるのだろう。
[PR]
by masagorotabi | 2012-06-22 20:49 | ロハス | Comments(0)

ビール

d0163154_21261383.jpg


若き日のカラヤンを描いてみました。

昨夜は久しぶりにビールを飲んだのですが、350ml缶だけでも軽い二日酔い状態になってしまいました。
酒も、僕の身体には必要ないのかもしれません。
コーヒーも切らしていて、最近は口にしていません。

タバコはもともと吸わないので、嗜好品というものは殆ど口にすることはなくなりました。
なに健康的な生活をおくっているんだよ!と思わないでもないですが、少しだけ調子がよいなあと感じるので、このまま続けたいと思っています。
[PR]
by masagorotabi | 2012-06-20 21:34 | 落描き | Comments(0)

ダーウイン

d0163154_1950318.jpg


「賭博と国家と男と女」(竹内久美子著)を読み返してみました。
いかに僕の読書体験はいい加減で、大事なことさえも忘れてしまうことに気づきます。

「種の繁栄(保存)」について書かれてある文章があります。
この言葉を広めた中心人物はコンラート・ローレンツで、現在ではこのような考え方は間違いであるとあります。

我々は、「種の繁栄」という言葉に酔いしれ、それがよいことのように思ってしまいますが、こうしたことが軍国主義につながり、そうした仕組みの中で生きることが良しと思ってしまうこともあるらしい。

ダーウインは、時代に流されず、独自の解釈で100年後の未来を予見していたらしいです。(詳しいことは割愛)

現代の日本はどうなのだろう。
ますます軍国化しているなあと思うのですが、庶民の中でも顕著だと思います。
「迷惑、邪魔」という言葉をとっても、排他的で我々の幸福からは程遠いなとさえ思います。

幸福の単位はなんだのだろう。
金?モノ?遺伝子?

あー出来の悪い頭を使い過ぎて、分け分からなくなってきた。(笑)
[PR]
by masagorotabi | 2012-06-18 20:19 | 落描き | Comments(0)

ニンニクの収穫

d0163154_19485619.jpg


鉢で育てていたニンニクですが、収穫しました。
小さいですが、あんまり食べないので十分です。
[PR]
by masagorotabi | 2012-06-16 19:50 | ロハス | Comments(0)

d0163154_20505121.jpg


習字をやってみようかと思っている。
[PR]
by masagorotabi | 2012-06-15 20:51 | 日記 | Comments(0)