<   2012年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

日本映画

d0163154_21124812.jpg


図書館で「うん、何?」という日本映画のDVDを借りてきて見ました。

島根県が舞台で、高校3年生男女が主人公です。
風景が美しく、その土地で暮らす人々が丁寧に生活をおくっています。

島根県には自転車で行っていますが、国道ばかり走っていたためか、本当の意味でその土地の良さを知ることは出来ませんでした。
映画でこうした風景が見られることができるのは、二重の意味で愉しいことです。

「キツツキと雨」という映画も見ましたが、これも山、田園が描かれていて、ほのぼのとした良い映画でした。
なぜか、こうしたものに魅かれます。
[PR]
by masagorotabi | 2012-10-21 21:23 | 落描き | Comments(0)

永井荷風

d0163154_1471083.jpg


永井荷風に関連する本を読んでいたのですが、その中で荷風は森鴎外を崇拝していたとあります。
自分の一生を終えるのなら、鴎外の命日に死にたいと漏らしていたといいますから、なみなみならぬ思いがあったのでしょう。

「文学者になろうと思ったら大学などに入る必要はない。鴎外全集と辞書の言海とを毎日時間をきめて三四年繰り返して読めばいいと思って居ります。」(鴎外全集を読む)より

物語を創るという行為はどういったことなのだろう。
国文学者の折口信夫は、物語の「モノ」とは「もののけ」のモノと記していますね。
モノに囚われるのではなくて、モノに語らせることが出来る人が創作家といわれる人たちなのでしょう。

今宵は、身の回りのモノたちに語ってもらいましょう。
なぜなら、もののけたちに出合いたいから・・
[PR]
by masagorotabi | 2012-10-19 19:36 | 落描き | Comments(0)

ラジカセ

d0163154_19145640.jpg


昔のラジカセですが、カセットテープは使えない、スピーカーは一つしか使えないという代物です。

今はないメーカーのアイワ製ですが、ラジオを聞く分には十分ですし、なにより音がいいので使っています。

アメリカではカセットテープを使っている人が増えいてると、小耳にはさんだことがあります。
どれがいいというよりも、何かを選択する余地があるという生き方の方が、生活を愉しむということに真摯的だといえるのかもしれません。
[PR]
by masagorotabi | 2012-10-18 19:15 | 日記 | Comments(0)

落書き

d0163154_2027397.jpg


領土問題が毎日のように報道されています。

晩年の司馬遼太郎氏が、個人の土地は個人の土地であって個人の土地ではないと思うようにしないと、といった内容をよく口にしていたそうです。
国際問題でも当てはまるような気もしますが、理屈よりもこうした感性を持つことの方が大事になってきたなと思わせます。

両国の国民は、美しい生活を心がけ、大事にした方がいいと、でないと何も解決しないのではと思うのでした。

絵は、坂口安吾を描いてみましたが、似とらん。
[PR]
by masagorotabi | 2012-10-04 20:38 | 落描き | Comments(0)

深夜特急

d0163154_20492764.jpg


ロンドンオリンピックが開催されている時に、ふと手に取った雑誌です。
ロンドンに関連したものを手にし、それが元で「深夜特急」もパラパラと読み返しました。
読み返してみると、すっかり内容を忘れていただろうと思っていたけど、あー確かに読んだなと記憶が蘇ってきます。

オリンピックは殆ど見ることはなく、ユーチューブなどで結果を知ったといった具合でした。
ただ、ネットで日本人が殆ど出場していない競技を見ることができ、解説者もいない画面を淡々と感情移入することもなく観戦していたくらいです。

忘れかけていた記憶を蘇らせてくれる存在が、僕にはどれだけあるのだろう。
オリンピック選手は、オリンピックという舞台が今までの努力を全て蘇らせてくれる。

やはりオリンピックというのは、特別なのであろう。
[PR]
by masagorotabi | 2012-10-01 21:23 | 日記 | Comments(0)