<   2014年 11月 ( 20 )   > この月の画像一覧

バネじぃ 2

d0163154_19455450.jpg


『ほ〜これは昔わしが作ったバネじゃな。
 しかし、だいぶ弱ってきているな。

 愛が足りんのじゃ。』
 
[PR]
by masagorotabi | 2014-11-30 19:51 | 落描き | Comments(0)

バネじぃ

d0163154_20143288.jpg


『わたしはバネじぃ。
 バネを作ることを生業にしている。
 嫉妬や苦悩、そういったものをバネにする職人である。

 辛抱が大きい程、品質の良いバネが出来るんだ。
 わたしが何処にいるかだって?
 それは秘密、あなた方で探し出して、わたしに依頼して欲しい。
 では、また会おう。』
[PR]
by masagorotabi | 2014-11-29 20:18 | 落描き | Comments(0)

白い息

d0163154_2042629.jpg

[PR]
by masagorotabi | 2014-11-28 20:43 | 落描き | Comments(0)

本を買う

d0163154_1983042.jpg


手に取るまで左開きの横書きとは知りませんでした。
中学の理科程度の知識があれば理解できる内容と著者は書いていますが。なかなか私の頭の中へは入ってきません。
理系の本は、ちょい苦手・・

先日読んだ山崎努さんの本の中に、工藤公康さんの本が紹介されていて、そもそも工藤さんは野球が好きではなかったそうです。
何かのきっかけで、色々なことが入ってくるようになって長く野球選手を続けられるようになったわけですが、きっかけというのは人生をも変えてしまう力を持っているのですね。

自己暗示でもかけるかな・・
[PR]
by masagorotabi | 2014-11-27 19:19 | 読書日記 | Comments(0)

切り抜き

d0163154_2001549.jpg

映画「鉄道員」の時の高倉健さんの読売新聞の切り抜きです。
d0163154_2011285.jpg

こちらは編集手帳より。
d0163154_203281.jpg

[PR]
by masagorotabi | 2014-11-25 20:04 | 日記 | Comments(0)

役者

「柔らかな犀の角(山崎努の読書日記)」(山崎努著)を読む

「私は俳優としてはアマチュアだと思っている。
 長いことやっているから、それなりの技術は覚えた。それなりの出演料もいただき、それで食っている。それでもやっぱりアマチュア。
 なぜなら僕は演技について、俳優業について、なんの確信も自信も持っていないからだ。」(本文より)

こういう言葉を投げかけられると、プロの俳優とはどういった人なのかと考え込んでしまいます。
北野武監督は、ふつうのおじさんを演じるのが一番難しいと言っていたと記憶していますが、そのおじさんだって何かを演じているのかもしれません。
おじさんに限らず、私たちだって何かを演じているでしょうし、役者とはいったい何なんでしょうね。

著者の本は、他に「俳優のノート」というのがあります。
舞台「リア王」を演じるにあたり、苦悩や葛藤そういったことが描かれているようです。
(本屋に注文したので、そのうち届くと思います。)

それにしても多岐にわたる本を読まれていて、その描かれている本の言葉を役者の視線で語られているので、染み込むように読むことができました。
[PR]
by masagorotabi | 2014-11-24 19:30 | 読書日記 | Comments(0)

落書き

「死ぬ気まんまん」(佐野洋子著)の中に、子供の頃の夕飯時、父親は訓示をたれたそうです。
『命と金は惜しむな』というものであったそうで、著者はそのことを貫きました。
だからこそ「100万回生きたねこ」という絵本が生まれたのでしょう。

d0163154_19281127.jpg

[PR]
by masagorotabi | 2014-11-22 19:34 | 落描き | Comments(0)

高倉健さん

d0163154_19353339.jpg


相変わらず似ませんが・・

貰い物のDVD「幸せの黄色いハンカチ」を持っていますが、まだ観ていなかったので観てみようと思います。
[PR]
by masagorotabi | 2014-11-20 19:38 | 落描き | Comments(0)

落書き

d0163154_20401247.jpg


寒い夜だから〜♪
TRFの歌を思い出します。
[PR]
by masagorotabi | 2014-11-18 20:43 | 落描き | Comments(0)

製図用ブラシの紐

d0163154_20142259.jpg


ちょっとした革を取り付けただけですが、たったこれだけでも風情が湧くものですね。

このブラシは高校の時から使っているもので、柄はプラスチックですし毛も化繊のようです。
柄が木で、馬の毛を使ったものもネットなどで売られていますが、ここまで長く使っているとなかなか手放せなくなります。
[PR]
by masagorotabi | 2014-11-17 20:20 | レザークラフト | Comments(0)