<   2017年 02月 ( 15 )   > この月の画像一覧

死刑の基準

「死刑の基準『永山裁判」が残したもの」(堀川恵子著)を読む

冒頭に光市母子殺人事件のことが書かれていて、その犯人が死刑判決が出された時に周りでは拍手と喝采として迎えられてことに、著者は戦慄をおぼえます。
少年法が適用されるかどうかの事件でしたが、その先駆けとして永山則夫の連続射殺事件があります。
当時、永山の年齢は19歳と数ヶ月でした。

極貧の中で育ち、父親はギャンブル狂いで暴力を振るい、そんな中で育ちました。
しかし、当時はみな極貧の中にあり、こうしたことが原因で事件を起こしたことに関しては、情状酌量の余地はないとされ死刑判決がおりました。

永山は刑務所(?)の中で、難解な哲学書を貪るように読み、「無知の涙」という本を出版します。(私も読んだことがありますが、難しい文章だなと思いました。)
小説なども出版して、印税などは遺族に渡しました。(受け取らない遺族もいたと思います。)

著者は1万5千通もの永山の手紙を読み、母子殺人事件の犯人にもインタビューしています。
その犯人から「生きていたい」という言葉を引き出しますが、永山もまた死刑が行なわれる時に「殺されてなるものか」と叫んで抵抗したといいます。

個人的には、この言葉には違和感を感じてしまいましたが、生きるということは彼等にとっては贖罪だったのかもしれません。
[PR]
by masagorotabi | 2017-02-28 20:48 | 読書日記 | Comments(0)

贖罪

「贖罪」(読売新聞社会部)を読む

ニュースなどで子供が母親を殺したというのがあったとすれば、一般人はなんて酷い子供だと思うでしょうが、裁判員の人たちがその子供を裁く時は、どんな事情があって犯行を犯したのかを徹底的に調べます。
我々は一方通行のみの情報を得て、流れ作業のように見聞きするのみです。

仮釈放された人たちには、保護観察がついたり更正保護施設で職を探したりできますが、満期で出所された人たちにはそのようなことはできないそうです。
差別もあり、なかなか職に就けないこともあり、それによって再犯を犯してしまうことも多いそうです。

我々でも、いつ加害者になるかわかりませんし、明日は我が身という居心地の良い社会になればいいのですけどねえ。
[PR]
by masagorotabi | 2017-02-27 20:16 | 読書日記 | Comments(0)

演劇

d0163154_22113228.jpg


青空文庫で現代演劇の父といわれる岸田国士(きしだくにお)のエッセイをたまに読むことがある。

歌舞伎や人形浄瑠璃など、古来から日本人はそういったことを好んで来たけれど、我々の生活もまた誰かに演じさせられていると考えられたら面白いのではと思ったりもする。
[PR]
by masagorotabi | 2017-02-25 22:15 | 日記 | Comments(0)

日記帳

d0163154_19224189.jpg
d0163154_19222780.jpg


ダイソーで発見した日記帳です。

日記を付ける訳ではなく、本や映画の感想を記すために買い求めました。
罫線がなければ尚よいという気がしますが、見やすいというのでは秀逸だと思います。

このブログにもそれらの感想などを書いていますが、殆ど読み返すことはありませんから、そういった意味でアナグロ的なものの良さを感じさせます。
[PR]
by masagorotabi | 2017-02-22 19:26 | 日記 | Comments(0)

経年変化

d0163154_1953849.jpg

d0163154_1955834.jpg

3年後の小銭入れの姿です。
ヌメ革ですから、こうした経過を楽しめるのもよいですね。
[PR]
by masagorotabi | 2017-02-21 19:07 | レザークラフト | Comments(0)

壊れゆく

macbookも寿命を迎えているようで、液晶下部の若干の異常、スピーカーの若干の異常(ヘッドフォンなら異常なし)、クリックが作動しないためマウスの利用等、少しずつですが壊れていきます。

Macの正式発表では、パソコンの寿命は4年ということなので、丸5年使ってきたこのパソコンの異常は、妥当のことなのだろう。
[PR]
by masagorotabi | 2017-02-20 20:12 | 日記 | Comments(0)

科学技術

「科学・技術と現代社会(上)」(池内了著)を読む

原発事故、公害、ノーベル賞のことなど、非常に分かりやすく綴られています。

近代社会というのは、科学の進歩とリンクしているので、現代を語るのには科学をが必要不可欠になります。

養老孟司氏の本の中に、殆どの学者は信用できるという内容のことが書かれていましたが、こうした研究者、技術者たちがいるから我々の社会は安全に快適に過ごせる仕様になていると思います。
ただ、便利さと幸福は別ものといった寺田寅彦の言葉があるように、便利だからといって幸福ではないということも考えなくてはなりません。

同じ間違いを起こさないように、こうした歴史はキチンと理解しておきたいものです。
[PR]
by masagorotabi | 2017-02-18 19:45 | 読書日記 | Comments(0)

春一番

d0163154_21362776.jpg

[PR]
by masagorotabi | 2017-02-17 21:37 | 落描き | Comments(0)

魔女

d0163154_2265524.jpg


「超常現象(科学者たちの挑戦)」(NHK取材班)を読んでみました。

不気味な場所に行った時に、ひんやりした気分になりますが、それは身を守るために身体を冷やすから、そうに感じるそうです。
ネズミは、天敵に見つからないようにそうしているそうです。

幽霊を見ることに関しては、パレイドリア効果(壁にシミなどがあった場合に人の顔に見える現象のこと)によって、幽霊と勘違いをしてしまうそうです。
なぜそういったことを身につけてしまったのかは、いち早く敵の存在に気づくために長年にかけて人間が自分のものにしていったからだそうです。

インドなどでは前世の記憶を覚えている子供がいるそうですが、これは記憶の刷り込みによってそうに勘違いをしてしまうそうです。

アメリカ、ソ連では、遠隔透視(リモート・ビューイング)を真剣に軍事に活かそうとした時代がありました。
実際に、科学では割り切れない部分もあるそうですが、現在ではこうしたことは行なわれてはいないそうです。

科学ではわからない超常現象というものがあった方が面白いとおもいますが、弊害もあってかつて「魔女狩り」などという悪しき風習もありました。
そういったことがなくなったことは喜ばしいことです。
[PR]
by masagorotabi | 2017-02-16 22:29 | 落描き | Comments(0)

消しゴム置き

鉛筆などを入れているカップには、消しゴムを入れておく場所がなく、消しゴムの所在が分からなくなってしまうことがままあります。

で、その場所を革で作ってみました。
d0163154_18551045.jpg

d0163154_18553193.jpg

[PR]
by masagorotabi | 2017-02-12 18:56 | レザークラフト | Comments(0)