贖罪

「贖罪」(読売新聞社会部)を読む

ニュースなどで子供が母親を殺したというのがあったとすれば、一般人はなんて酷い子供だと思うでしょうが、裁判員の人たちがその子供を裁く時は、どんな事情があって犯行を犯したのかを徹底的に調べます。
我々は一方通行のみの情報を得て、流れ作業のように見聞きするのみです。

仮釈放された人たちには、保護観察がついたり更正保護施設で職を探したりできますが、満期で出所された人たちにはそのようなことはできないそうです。
差別もあり、なかなか職に就けないこともあり、それによって再犯を犯してしまうことも多いそうです。

我々でも、いつ加害者になるかわかりませんし、明日は我が身という居心地の良い社会になればいいのですけどねえ。
[PR]
# by masagorotabi | 2017-02-27 20:16 | 読書日記 | Comments(0)

演劇

d0163154_22113228.jpg


青空文庫で現代演劇の父といわれる岸田国士(きしだくにお)のエッセイをたまに読むことがある。

歌舞伎や人形浄瑠璃など、古来から日本人はそういったことを好んで来たけれど、我々の生活もまた誰かに演じさせられていると考えられたら面白いのではと思ったりもする。
[PR]
# by masagorotabi | 2017-02-25 22:15 | 日記 | Comments(0)

日記帳

d0163154_19224189.jpg
d0163154_19222780.jpg


ダイソーで発見した日記帳です。

日記を付ける訳ではなく、本や映画の感想を記すために買い求めました。
罫線がなければ尚よいという気がしますが、見やすいというのでは秀逸だと思います。

このブログにもそれらの感想などを書いていますが、殆ど読み返すことはありませんから、そういった意味でアナグロ的なものの良さを感じさせます。
[PR]
# by masagorotabi | 2017-02-22 19:26 | 日記 | Comments(0)

経年変化

d0163154_1953849.jpg

d0163154_1955834.jpg

3年後の小銭入れの姿です。
ヌメ革ですから、こうした経過を楽しめるのもよいですね。
[PR]
# by masagorotabi | 2017-02-21 19:07 | レザークラフト | Comments(0)

壊れゆく

macbookも寿命を迎えているようで、液晶下部の若干の異常、スピーカーの若干の異常(ヘッドフォンなら異常なし)、クリックが作動しないためマウスの利用等、少しずつですが壊れていきます。

Macの正式発表では、パソコンの寿命は4年ということなので、丸5年使ってきたこのパソコンの異常は、妥当のことなのだろう。
[PR]
# by masagorotabi | 2017-02-20 20:12 | 日記 | Comments(0)