科学技術

「科学・技術と現代社会(上)」(池内了著)を読む

原発事故、公害、ノーベル賞のことなど、非常に分かりやすく綴られています。

近代社会というのは、科学の進歩とリンクしているので、現代を語るのには科学をが必要不可欠になります。

養老孟司氏の本の中に、殆どの学者は信用できるという内容のことが書かれていましたが、こうした研究者、技術者たちがいるから我々の社会は安全に快適に過ごせる仕様になていると思います。
ただ、便利さと幸福は別ものといった寺田寅彦の言葉があるように、便利だからといって幸福ではないということも考えなくてはなりません。

同じ間違いを起こさないように、こうした歴史はキチンと理解しておきたいものです。
[PR]
# by masagorotabi | 2017-02-18 19:45 | 読書日記 | Comments(0)

春一番

d0163154_21362776.jpg

[PR]
# by masagorotabi | 2017-02-17 21:37 | 落描き | Comments(0)

魔女

d0163154_2265524.jpg


「超常現象(科学者たちの挑戦)」(NHK取材班)を読んでみました。

不気味な場所に行った時に、ひんやりした気分になりますが、それは身を守るために身体を冷やすから、そうに感じるそうです。
ネズミは、天敵に見つからないようにそうしているそうです。

幽霊を見ることに関しては、パレイドリア効果(壁にシミなどがあった場合に人の顔に見える現象のこと)によって、幽霊と勘違いをしてしまうそうです。
なぜそういったことを身につけてしまったのかは、いち早く敵の存在に気づくために長年にかけて人間が自分のものにしていったからだそうです。

インドなどでは前世の記憶を覚えている子供がいるそうですが、これは記憶の刷り込みによってそうに勘違いをしてしまうそうです。

アメリカ、ソ連では、遠隔透視(リモート・ビューイング)を真剣に軍事に活かそうとした時代がありました。
実際に、科学では割り切れない部分もあるそうですが、現在ではこうしたことは行なわれてはいないそうです。

科学ではわからない超常現象というものがあった方が面白いとおもいますが、弊害もあってかつて「魔女狩り」などという悪しき風習もありました。
そういったことがなくなったことは喜ばしいことです。
[PR]
# by masagorotabi | 2017-02-16 22:29 | 落描き | Comments(0)

消しゴム置き

鉛筆などを入れているカップには、消しゴムを入れておく場所がなく、消しゴムの所在が分からなくなってしまうことがままあります。

で、その場所を革で作ってみました。
d0163154_18551045.jpg

d0163154_18553193.jpg

[PR]
# by masagorotabi | 2017-02-12 18:56 | レザークラフト | Comments(0)

PCリサイクル

やっとブラウン管のパソコンを処分しました。
前にも処分しようと思ったのですが、ファックスとかで面倒でやめて、今回はネットでも手続きができました。

かかったお金は4320円(税込み)で、郵便局で取りに来てもらえるので、そんなに気苦労もありません。
d0163154_1936263.jpg

[PR]
# by masagorotabi | 2017-02-11 19:36 | 読書日記 | Comments(0)