<< 人生散歩術 粗食 >>

ワールドシリーズ

ワールドシリーズでダルビッシュに対する差別行為が問題になっていますが、アジア人に対する差別というのは日常的にあるんだなあとネットで皆さんの意見を見て思いました。

司馬遼太郎の本を読んでいたら、儒教というのは性善説で成り立ち、法家というのは性悪説で成り立っているといった記述がありました。

人種差別は根深い部分があり、人間の本性では直すことが出来ない病魔で、法というもので制御していかないとならず、だから海外では差別というものに対して厳罰を与える風潮があるのだろう。

法というものが人間を凌駕しているからこそ秩序というものが生まれ、我々の生活を平穏に保つ役割を負う。

その法というものは人間が作りだすものであるが、それは良心の表れであると思いたい。
それにしても人間という生き物は、愚かな生き物なのだろう。
[PR]
by masagorotabi | 2017-10-30 21:31 | 日記 | Comments(0)
<< 人生散歩術 粗食 >>