<< 夜明けあと あたり〜 >>

起業家

「起業家」(藤田晋著)を読む

金のためにやっているわけでもないのに、金を批判され。名声や名誉のためでもないのに、陰口を叩かれて。前に進もうとするととられる揚げ足。成功する度に増えていく妬みや嫉妬。少しの本当を混ぜながら嘘をつかれたり、全くの出鱈目のうわさ話も今ではもう慣れました。
今だから笑える話も、当時はただもどかしくて悔しくて見返したくて、いつか全員を黙らせたくて。
』(まえがきより)

なにか新しいことを始めるひとは、必ず陰口を叩かれるそうです。
そういった陰口というのは、本人にも分かるしあえて分かるよう揚げ足をとったり、姑息なことをするのが人間の性癖なのであろう。

著者は、会社を設立した当初、知人にも嘲笑されたり、銀行には相手にされなかったり、こうしたことが今の日本の閉塞感に通じているのかもしれません。

こうした人間に潰された人たちは山のようにいるんだろうなあ。
[PR]
by masagorotabi | 2017-11-28 20:15 | 読書日記 | Comments(0)
<< 夜明けあと あたり〜 >>