カテゴリ:落描き( 403 )

時の廃墟

「時の廃墟」(沢木耕太郎著)を読む

あとがきのような場所に著者は、「青べか物語」(山本周五郎著)に影響を受けたとあります。

「青べか物語」は、山本周五郎が小説家になる前に、一時過ごした浦安(物語では浦粕)の出来事が書かれてあります。
市井の人たちや出来事が描かれていますが、著者はこのような世界をこのように表現できるのかと衝撃を受けます。

向田邦子は生前「山口瞳の作品の中では『世相講談』しか認めない」とよく言っていたそうと書かれています。
この作品もまた市井のひとたちや出来事などが描かれているそうです。

特別目立つこともないけれど、重要な出来事が我々の周りでは日々起こっている。
そうした出来事を丹念に見つめ寄り添うことで、ひとつの作品が出来上がってく。
それは向田邦子の作品にも通じることで、著者もまた独特の感性でルポルタージュという作品を仕上げてきました。

私がどうして向田邦子や著者の作品が好きで、何度でも読めてしまう理由が分かったような気がします。

(山口瞳の「世相講談は」はまだ読んでいないので今度読んでみようと思います。「青べか物語」は青空文庫にあったので先日読み終わりました。類似作品として「季節のない街」も半分くらい読んでいます。正直、面白いとか面白くないとか簡単には言えない作品ですね。)

[PR]
by masagorotabi | 2018-12-17 20:39 | 落描き | Comments(0)

小森秀雄氏

d0163154_20402429.jpg
「為政者というのは物事を複雑化して弱いものから搾取しようとしている。ルールや法律は少ない方が効率的なのだけど、民衆が熟していないと為政者に足元をすくわれるという現実に気付かなくてはならない」



[PR]
by masagorotabi | 2018-11-27 20:42 | 落描き | Comments(0)

坊ちゃん 2

d0163154_19505098.jpg

[PR]
by masagorotabi | 2018-11-15 19:51 | 落描き | Comments(0)

坊ちゃん

d0163154_19091947.jpg
夏目漱石の「坊ちゃん」をザっと読んでみました。
この時代に、このような小説があるってのが不思議です。


[PR]
by masagorotabi | 2018-11-13 19:11 | 落描き | Comments(0)

ショウペンハウエル

d0163154_16475665.jpg
「読書について」(ショウペンハウエル著)を読んでみました。
(ショウペンハウエル=1788年2月22日 - 1860年9月21日は、ドイツの哲学者)

出版される9割の本は駄本で、古くから受け継がれている古典を読むことを勧めています。


[PR]
by masagorotabi | 2018-11-11 16:54 | 落描き | Comments(0)

華咲くお江戸文化

d0163154_18564563.jpg
鼠小僧次郎吉

ちょっと鼠小僧のことをウィキペディアで調べたのですが、生涯3000両を武家屋敷から盗んだとされます。
義賊と呼ばれたのは武家から盗んだからで、それを貧しい人たちに恵んだわけでもありませんでした。
捕まった時には、殆どお金は残っていなかったそうですから、少しは義憤というものがあったのだろうか・・

実際はよくわからない人物ですね。


[PR]
by masagorotabi | 2018-10-16 19:03 | 落描き | Comments(0)

坂田安吾氏

d0163154_21083889.jpg
「日本人のノーベル賞受賞はうれしいが、
僕は日本人だからその受賞を喜ばしく思っているのではない」


[PR]
by masagorotabi | 2018-10-03 21:10 | 落描き | Comments(0)

ばねじぃ

d0163154_20552116.jpg
「しぼってしぼってバネを作るのじゃ~!」

[PR]
by masagorotabi | 2018-08-21 20:56 | 落描き | Comments(0)

woman

d0163154_20344670.jpg

d0163154_20344640.jpg

[PR]
by masagorotabi | 2018-07-11 20:35 | 落描き | Comments(0)

ばねじぃ

d0163154_19345318.jpg

[PR]
by masagorotabi | 2018-06-24 19:35 | 落描き | Comments(0)